嵐「untitled」ツアーの記録。

 

2017年最後のエントリーで「untitled」ツアーについてもサラッと触れましたが、ツアー終了を迎えて、参戦直後に記録できていないし私の「untitled」をここらできちんと振り返りたいなと思ったので、私の頼りない記憶力をもとに記録していきます。

 

 

今回のツアーは、福岡最終日に櫻井担と2人で参戦して来ました。

 

f:id:bomty_ne:20180118215152j:image

 

私のせいなのか、嵐のせいなのか、今年も天気があまりよろしくなく、雨(笑)ヤフオクドームは海の近くなので、雪が降ったじゃぽの時ほどではないけどやっぱり寒かったです。

 

 

 

 

 

今回は開演までの仕掛けもユニークでずっとそわそわしてました。まず、開場してから2時間掛けて少しずつモニターに映っている額縁の中に絵が浮かび上がってきていました。そして、開演15分前くらいに全部が揃うのですが、今度はそれぞれの絵に合わせた短い音楽が流れるのです。絵が浮かび上がる演出には気付いていない人も多かったようなのですが、さすがに音が聞こえると気付きますよね(笑)おまけに、オケの方が見えたり隠れたりと舞台も動いていましたし。開演してないけど何かが始まっていることに気付いたら、それはもうみんなパニックです(笑)私もずっと一緒に来た子と

「え!?まだ始まらんよね!?時間あるよね!?え、なになになに!?こわい!たのしみ!え!なにこれ!!!!」

と騒いでました(笑)潤くんにしてやられたなと今になって思う(笑)

 

 

1曲目はアルバムと同じくGreen Lightでした。

あの着込んでないわりとシンプルな衣装でオープニングに登場する嵐を見ると、自分たちのパフォーマンスで魅せに来たんだななんてことを勝手に感じてニヤニヤしてしまいます。もちろん演出も衣装もこだわりを感じるし素敵だけど、それは5人のパフォーマンスがあってこそ 輝くもので、5人もそれを理解した上で自身のパフォーマンスも演出も衣装も全部全部磨いてくれているんだろうなとキラキラしてる嵐を見ていると思います。

 

で、次のI'll be thereがこのコンサート1つ目の鳥肌ポイント。

うわー相葉くんどんどん美しくなるなあ、なんて思いながらイントロ部分を過ごしていたら、♪テレッテテッテンテレレレーレンのところでモニターにぐわっと嵐が映し出されました。え!さっきまでとモニターの大きさが全然違う!!!!!なんとなんと、2000インチ超えの超巨大モニターに、めちゃくちゃ高画質の嵐がばーーーんっ!!!!!と映ったのです!もうこれはうまく説明できないので、WSの映像を見たり、円盤化されたらみんな買って見てください!!!ぐわってくるから、嵐が!!!!!スタンド席だったけれど、すごく近くに感じることができるその迫力に鳥肌が立ちました。

私はコンサートの時間のことは楽しすぎて興奮しすぎて記憶力が乏しくなってしまうけれど、すごく印象的だった瞬間はものすごく鮮明にずっと残っていたりします。きっとこのあいるびーぜあは忘れられない記憶になったと思う。

 

 

あとモニター関連で言うと、個人的に今回の幕間映像めちゃくちゃよかったです。映像・ライブのストーリーの良さとモニターが大きいことも相まって、壮大かつあたたかみのある繋ぎだったなあと思います。嵐の話す言葉がすごくよかった。んだけど、ごめんなさい、うるうるしすぎて終わった瞬間抜けてしまった……… 私の記憶力はいつもこんな感じです…(泣)

 

でもこれだけはなんとなく覚えてる。僕達が出会ったのは奇跡の積み重ねなんだ、みたいな感じのことを言っていて、「え、さすがにSong for youまだだよね?じゃあDoors?え、なになに?……えーーーーーーーーーーー嘘でしょあの映像ここに繋がったの(泣)」てな感じで始まったUB。そこに立っていたのはにのあい。しかもペアルック。これは衝撃的だったし感動的でした。

噂のペアダンスは、見てるこっちが照れてしまうくらい距離が近かったのだけど、2人の集中力と緊張感も伝わってきて、祈るような気持ちで、でもわーきゃー言いながら見入ってました。

 

そしてここからユニットが続いてお次は翔潤。ラップバトル、ダンスバトルみたいな感じで、2人ともイケイケでかっこよかったです。嵐をぐいぐい引っ張っていく役割の2人だしかっこよく決めてるんだけど、バトルしてるんだけど、お兄ちゃんと弟くん感がどこからともなく漏れてしまうのでかわいく微笑ましくもありました。はい、もう保護者目線です。

 

夜の影は演出が今までにないタイプだったので驚かされました。ストリートな感じの演出で、Jr.も大活躍でしたね。それにしても3人さんエロかったなあ…。ガッツリ踊ってて、「ああこれがVSで智くんがお話してたやつね(笑)」と思い出しながらも、真剣にお地蔵さんになって見てました。

 

バズりNIGHTはね、もうね、秀逸でした。相葉くんとは音楽の趣味が似てるなあと雑誌や座談会を読んでいて感じるんだけど、こういう時の演出も大好きです。相葉くんワールド全開で引き込まれてしまいました(笑)この曲は初めて聞いた時からスーツで歌ってくれるのかなとばかり思っていたけれど、こういうアプローチの仕方もできるんだなと感心してしまいました(笑)LINEでのやりとり映像の時点でおもしろいことは確信してたけど、想像以上でした(笑)LINEでやりとりしてるおたくが伝説のアイドルのライブに行くため渋谷に初進出するというストーリーのもと曲が始まり、おたく姿のお兄さんチームが登場!間奏ではJr.がオタ芸を披露し、ペンラで「伝説」の文字をつくったと思ったら、超ロングヘアの山姥ギャルに変身した3人が再登場して気怠そうにパラパラを踊っていました(笑)もうほんと大好き(笑)

相葉くんも智くんも本当にかわいかったのだけど、翔ちゃんのかわいさが異常でしたかわいすぎました。女子辞めたいと思いながら見てました(笑)あと、LINEのやりとりの中で新たに描き下ろされたトトロ2017ver.を見ることができて嬉しかったです(笑)

 

 

あと、今回やっぱり外せないのがSong for youかな。衣装も振り付けもすごくきれいで美しくてジャニーズっぽくて、出演者5人みんな王子様のミュージカル見てる気分でした。そうそう、私嵐のターンが大好きなんだよなあと思った記憶があるので、華麗なターンが見れる振り付けだったはずです!(これでDVD出てターンしてなかったらどうしよう…物忘れ診てもらいに行こうかな…)そして、この曲で締めるんじゃなくて、この次に「未完」歌って、まだまだ未完成だしこれからだよって本編を締めた嵐が最高にかっこよくて大好きで、これからもまだまだ一緒にいろんな景色を見ていきたいなと思いました。

 

 

【追記】

なんと恐ろしいことでしょう、カンパイ・ソングについて書くの忘れてました。

相葉くん発案のこの曲はアンコール含めこのコンサートの最後に歌いました。

 

もうね…

 

 

 

 

 

最っっっっっ高〜〜〜〜〜に楽しかった!!!!!

 

 

 

 

嵐とバイバイなんて出来ることなら一生したくないのに、この曲で「バイバイ♪じゃあね♪」なんて歌ってしまうと、こんなに楽しくバイバイしたのにこの後またアンコールで呼んじゃうなんて…とすら思える最強の締めソングです。

 

C&R楽しすぎたよ〜 ペンラをグラスに見立ててカンパイしまくったよ〜〜〜 お酒飲める年齢の時に嵐とこの曲歌えたことが幸せだよ〜〜〜〜〜

コールの自主練たくさんして行ったしファンのみんなも気合い入ってたんだけど、嵐ちゃんは音源通りではなく自由に楽しくセリフを言うので、グダグダ感を楽しみながら、遊んでる嵐ちゃんに微笑みながら、声出してました(笑)相葉くんのセリフが本来は「♪楽しんでるー?(はーい!)盛り上がってるー?(はーい!!)」なんだけど、テンション上がってて相当楽しかったんだろうね、「♪楽しんでるぅ〜!?(はーい!)楽しんでるぅ〜〜!?!?(はーい!!)」と2回楽しんでるか問われました(笑)かわいすぎた!とっても楽しかったよ、相葉くん。楽しい曲と時間をありがとう。

 

 

 

 

 

本当にかっこよくて楽しくて最高な時間でした!今までもこれからも大好きな人たちだなって改めて強く思ったコンサートでした!

 

早く円盤出ないかな〜

 

 

 

今回のツアーの中心となった16枚目のアルバム「untitled」の所感もまとめておりますので、よろしければこちらもぜひ。

嵐16枚目アルバム「untitled」を聴いての記録。 - 青空の向こうへ